コードの話 なぜCmは「ド・レ#・ソ」じゃないのか

皆さんこんばんは、pixan a.k.a. 超脳香望です。
某所の記事に、Cmがなぜ「ド・レ#・ソ」でないのか、というものがありました。
(当該記事においては、「ソ・ド・レ#」と記載されていました。)
今回は、このことについてお話したいと思います。

コードはふつう、「三度堆積」(さんどたいせき)で作られる

ここでいう「コード」とは、3つ以上の構成音でできている和音とします。
そのコードを構成する音は、それぞれ「三度」の間隔で積み重なっていることから、三度堆積といいます。といっても何のことかわからないので、下の図をご覧ください。

cycle of 3rds 三度の関係図

通常、音はドレミファソラシの順に並びますが、音を三度の間隔で並べると上の図のように「ド-ミ-ソ-シ-レ-ファ-ラ」の順に並びます。
ここで着目するのは「度数」のみであって「音程」ではありません。つまり例えば、<ソ♭、ソ、ソ#>から見れば右隣にある<シ♭、シ、シ#>はいずれも三度の間隔にあるということです。

また、右回りに一個飛ばしに見るとと五度の間隔になり、左回りに一個飛ばしに見ると四度の間隔になります。

例えば<レ♭、レ、レ#>から右回りに一個飛ばしたところの<ラ♭、ラ、ラ#>は五度上にあり、左回りに一個飛ばしたところの<ソ♭、ソ、ソ#>は四度下になります。
今は理解を容易にするため、見ていく方向は右回りに限っておきます。

さて、件の「ソ・ド・レ#」ですが、このままではソ→ドの左回りが発生しますので、これを整理して「ド・レ#・ソ」の順で考えてみます。

音を三度堆積して3つの音でできた和音を作ると、はじめの音(根音(こんおん)、第一音)、第三音、第五音という組み合わせになります。読んで字のごとく、第五音は根音から見て五度の位置に存在します。この図では先に述べたとおり、右回りに一つ飛ばした場所にあるということです。

ドから見れば、右回りに一つ飛ばした音はソですので、「ド→ソ」は五度の間隔にあると確認できます。
この時点でほぼ答えは出ているのですが、ドから見て右隣の音はレではなくてミです。

したがってドが第一音でソが第五音である和音の「真ん中の音(第三音)」は<レ♭、レ、レ#>ではなく<ミ♭、ミ、ミ#>となるわけです。

今回のケースですと、レ#なのかミ♭なのかという判断ですので、選ぶべき音はミ♭となり、結果として「ド・ミ♭・ソ」の和音、つまり Cmがこのように出来上がるということです。

じゃあsus4は?

三度堆積を守らない特殊なコードもあります。その一例がsus4コードです。
これはもとのコードの第三音を変化させて四度の位置に吊り上げたものです。それを解釈してみましょう。

(例)「シ♭・ド・ファ」は何?

上図を再掲します。

シ♭・ド・ファの順だと、右回りと左回りが混在する形になりますので、右回りだけでできる並び順を選びます。すると、「ド・シ♭・ファ」または「ファ・シ♭・ド」の2例が見当たります。
ここで、ド→ファだと右回りに5つ離れたところとなり先ほど説明したケースとは変わりますが、もう一つの「ファ→ド」だとファの右回りに一つ飛ばしたところにドが位置しますので、先ほどの説明と合っています。つまり、ファ→ドは五度の間隔にあるということです。

ならば間に入る音は、本来なら<ラ♭、ラ、ラ#>のいずれかですが、今はそれらではなく「シ♭」がはいいっているため、特殊な状況にあることがわかります。

ここでシ♭の半音下の音は何だろうかと考えると、ラです。つまりこの和音は、本来「ラ」であるはずの音が半音高く変化して「シ♭」になっていると推定できます。

本来の音であるラに戻してみると、「ファ・ラ・ド」という組み合わせになります。つまりこれはFという和音です。その第三音のラが半音高く吊り上げられて、ファから四度上のシ♭に変化してしまったものですから、これをsus4 (suspended 4th)としFsus4ということになるわけです。

今日はここまで。